お見舞いに・・・そして

6~7月に入院していたときに、
同じ病室だったお友達Mさん(といっても私よりも10以上も年上のお方)が
もう片方の膝も手術をして、
再度入院されているので、
同室だったお友達Kさんと一緒にお見舞いに行ってきました。

やはり、二度目の入院手術ということで、
気持ち的にも前向きで、
入院生活の慣れもあってか、すごくMさんの笑顔が明るくて、
顔色もよくて、お元気そうで安心した。

3人で集まったら、
また入院していたときのように、
機関銃のごとく、みんなしてしゃべるしゃべる・・・
止まらない~~~~って感じで、
5時までにお家に帰るつもりが、
あっという間に時間が過ぎてしまっていて、
5時まで病院にいました。。。

帰りは、Kさんと途中まで一緒だったので
二人して杖ついて、電車乗って、お話しながら、
ゆったりと座って帰れてラッキーでした。

同じお部屋に1ヶ月以上一緒に生活していた・・・ということは、
家族ではないけど、
色々と分かち合えて、わかりあえて、痛みは誰よりもわかってもらえる
そんな出会いがあって、
お話聞いてもらえて、聞いてあげれることもできて、
これも、一期一会の出会い、と思っています。


そして・・・
Mさんのお見舞いに行ったんだけど、
Tクリニックでお世話になっているK先生がいらっしゃって、
先日の手首のCTのことで、
気にかけてくださっていて、少しお話を聞きました。

やはり、私の右手の小指につながる筋は、
内側に入り込んでいるので、
切れやすい状態になっていて、
それを防ぐために、脱臼しかかっている手首の骨を横にずらす手術を
早めにすることを考えた方がいいかもしれない・・・と
仰っていました。
まだ、様子を見ると思いますが、
切れてからの手術はかなり困難になるらしく、
切れる前に動かしておけば、防ぐことができるということらしい。

色々と考えてしまう・・・。
先のこと、今後のこと、まだ、考える余地はありなので、
ちょっとじっくりと考えよう。。。
スポンサーサイト

[ 2008/11/07 22:02 ] リウマチ日記 | TB(0) | CM(2)
同じ痛みの分かる友人との語らい、、うらやましいような気がします。
遠慮無く、心を割ってはなせるような気がしますね。
私も仕事にストレスが貯まってしまいますが、お互いはなしたくても話せないような状況、、
だからストレスがたまるんでしょうね。
そんな友人って、大切にしてくださいね。。。って、私が言うことでもないですが、
やっぱり、うらやましいです!
お年のことをいうのは、どうかは分かりませんが、
私も、これから先、、??なんて思うところもあって、不安はありますね。特に「目」ですかね。
[ 2008/11/09 00:14 ] kiccyomu [ 編集 ]
こんばんは~
同じ病室に1ヶ月以上、
朝昼夕と一緒にお食事して、
常に一緒に生活していて、
手術後の辛いときもずっと見ていてくれて、
そいういうところから、一体感や人の痛みも同じように分かり合えるようになったのでしょうね。

お仕事、お忙しそうで、ストレスもたまってしまいますか。。。
なるべく溜めないようにといっても、
色々とありますものね・・・。
楽しいことを考えて、前向きに~行きましょうね!
「目」大丈夫ですか・・・。
無理なさらずにしてくださいね。
[ 2008/11/09 21:26 ] きょん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

きょん(ときめき★)

  • Author:きょん(ときめき★)
  • 2006年から、リウマチとお付き合いしながら、
    マイペースで、楽しみも見つけて
    ゆっくり、スローな生活を送っています。

    リウマチを患ってから、
    人の痛みが・・・随分とわかるようになった。。。かな。

    にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
    にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンター
SINCE2006.10.23~
ブロとも申請フォーム