右顎がガクガク・・・

いつ頃からか・・・去年の夏ごろ、
右股関節の人工股関節置換手術をした頃からだったと思う。
右の顎の関節がぎしぎしと変な音がなるようになった。
特に痛みもないし、違和感はあったけど
噛み合わせが少し悪くなったかなぁ・・・くらいだったのだけど、
去年秋深まる頃、やはりガクガクする音と、
少し口が開きにくい気がしたので、
もしかして、顎関節症???そんな不安もあったので、
ご近所のO歯科医へ行ってみた。

ご近所O歯科医では、マウスピースを作っていただき、
夜に、歯軋りをしているのかもしれないので、
それも原因のひとつと考えられるから、
マウスピースを着けて眠ること数ヶ月。
でも、あまり改善は見られず。。。

今年になって、色々と、右手の手術のこともあり、
歯科へは、少しお休みしてて。。。
そのまま、特に痛みもなく、右顎は相変わらずガクガクいったまま過ごしていた。
でも、前よりは、噛んでいても違和感は減った感じで。。

4月、7月、と手の手術があり、
そのために全身麻酔することで、口を大きく開ける必要があったけど、
それは問題なくクリア。
特に問題はなかったんだけど、
やはり、落ち着いた今、顎のガクガクの音と、
噛み合わせがものすごく気になってきて、
もしかして、悪化したら・・・困るし、
色々と不安が募ってきたので、
今度は、ご近所歯科だけど、変更して(治療法も違ってきたりするだろうし。。と)
別の歯科へ行ってみた。

K歯科、先生に、しっかりと診ていただき、
結局、顎の関節の中の詳しいところは見えないので、
MRI撮影をして、きちんと調べてから、
治療方針を考えた方がいい・・・とのことで、
某大学病院へ紹介状を書いていただく。

それから、某T大学病院で診察後、
後日、MRI撮影をして、
本日、Y先生に、診ていただいたところ、
特に進行はないと思われるが、顎のぎしぎしという音は消えないらしい。
噛み合わせを考えたら、
手術も考えてもいい、と言われたけど・・・
手術は、リスクも大きいし、その後3年くらい矯正したり、
とにかく、もう手術はいや。。。そういう気持ちだったので、即答。

とりあえず、マウスピースをまた新たにぴったり合う物を
作り直してもらい、
装着して、経過を見ながら、マウスピースを形直しつつ、
見ていくしかない・・・みたい。

ご近所K歯科にて、これから治療しつつ、
長いお付き合いになりそうだけど、
痛みもないから、このまま、問題なく過ごせたらそれでいいと思ってる。

顎関節症の恐れ・・・と最初本当に恐ろしかったけど、
診てもらっておけば、安心。。。かな、っと。

そう、やはり、この顎関節症もどきの、関節のガクガクした音、
これも、関節からくるもので、
リウマチの症状が出てからのこと。。。
先生曰く、リウマチから来るものかどうかは、定かではないが、
可能性としてはあり・・・と。
関節色々と・・・問題出てくるみたい。。。
でも、うまく付き合っていくしかないし、命に問題なければ、
これ以上進行しないなら、OKということで、よし、かな。

今後もし、何か他に出てきたとしてもね。。。気持ちの上で強くなれる気がする。
全体的の体調としては、
本当にここのところ、いい感じ~季節もいいからか、
すごくすがすがしい気分で過ごしています^^
スポンサーサイト
[ 2009/09/24 22:46 ] リウマチ日記 | TB(0) | CM(4)

手術から2ヶ月、診察日

本日、千葉のTクリニックへの診察日で、
4週間ぶりに行って来ました。

たまたま、今日で、腱の手術から、まる2ヶ月、
右手の調子動き具合は、まだまだぼちぼちですが、
少しずつ日々、前よりは動く様になってきていると思います。
毎日のリハビリ、本当に地道なことですが、
毎日の積み重ねは、大切なんだ~と、実感しています。
本当に少しずつ。。。少しずつ。。。
でも焦らずいくしかない・・・のですものね、今は。。。

診察の前に、右手首のレントゲン撮影。


20090917142750


骨もしっかりとしてきて、問題なし、ということ。
よかった~^^

K先生に診てもらって、右手首の腫れも随分と治まってきているし、
今日はお天気も快晴だったからか?!両足とも
足首、甲ともに、すごく調子がよくて、
痛みも殆どなく、少し腫れはあるものの、
いつものこと思えば、楽々~って自分自身で感じてました。
1ヶ月前にものすごく腫れていた左肘も、
今日はかなり~腫れ治まっていて、いい感じ。
全てにおいて、かなり体調↑だと、
気分的にも↑↑になれるから、不思議~♪^^

握力も、今日は両手測定してみたら・・・
左 140 右 100
と、測定できる数値が出てきて、かなり嬉しい。
手術前の右手の握力、100切ってたから。。。
(これは、ポンプ式の緩い握力測定です・・・本来の固いものではないです)

まだ、夜眠るときには、やはりシーネでグルグル巻いて、
固定しておいた方が安全ということなので、
夜だけは、右手グルグル巻きがまだ続きます。
日中は、サポーターと、できれば指にはテーピングしておいた方が、
やはり安心かな・・・と。



先月の採血結果も、問題なしなので、
プレドニンを今、毎日2mg服用しているのを、
一日おきで、1mg、2mg、と少しだけだが、減らすことに。
プレドニンも、長い日数かけて、少しずつだけど、
減・・・脱プレドニンとなれたら・・・いつか~そうなる日がくればいいな。


今回(8月20日)                     前回(7月30日)
CRP(炎症反応)     0,14(平常値0,30以下)  0,14

Hb(ヘモグロビン)     10,4             10,4

RF(リウマチ指数)       10 (平常値20以下)     9

MMP-3(骨の破壊指数)    ー             63,2(7月30日)

[ 2009/09/17 14:27 ] リウマチ記録 | TB(0) | CM(2)

人工股関節1年3ヶ月検診

朝早い時間に家を出て、
検診のために、T大学病院へ。

7月の入院手術のとき以来だから、
病院へは、約2ヶ月ぶり。
検診は、6月9日以来なので、約3ヶ月ぶり。
人工股関節置換手術をしてからは、
まもなく1年3ヶ月…。

前回の検診のときに、股関節のレントゲン撮ってなかったので、
今回は、股関節と右手のレントゲン撮影をしてからの診察。
やはり予想通り、S教授の診察は、待つこと2時間半…
午後から、教授は不在となるらしく、
ギリギリ最後に診てもらえて、よかったぁ。。感謝^^

IMG_0221.jpg

IMG_0222.jpg

↑クリックで大きくなります

人工股関節の周りの骨は問題なく育ってきていて、
更にしっかりしてきたのが、
レントゲンにて、わかる、とのこと。(白っぽく回りに見えるのが骨)

歩いている自分自身が手応え、足応え?として、
やはり一番感じられることかな~と思っていた。
教授に太鼓判押されて、
更に自信もついた!(^^)

右足甲の腫れと痛みも、気になってたので、
診てもらったら、腫れによって、足の形が変わってきて、
外反拇趾、扁平足になりつつある…だから、かなり足は疲れやすい状態だし、
痛みも尚更強く感じる。
土踏まずの部分にかまぼこ型のものを入れて靴を履くと、
いくらか、改善されそうなので、
今度外来で、Tクリニックへ行くときに、
聞いてみようと思う。


IMG_0223.jpg

↑クリックで大きくなります

右手は、腱のリハビリとして、
手のひらを上に向けて、
開いて左手を添えて伸ばすと、
かなり楽にピンと伸びる。

そして、手首の骨が、しっかりしてきたので、
誰かに、下向きに手首をぐっと引っ張ってもらう!
と、楽に指先まで伸びる。
これから、これも毎日実行していけたら、いいな。
お手伝いしてもらう人が必要。。。だけど!^^

往復2時間半以上の通院時間と、待ち時間・・・
たっぷりとあったので、
大好きな本を読み入って・・・
読書の初秋。。。な1日でもありました。

診察終わってからは、
去年入院したときに同じ病室だったお友達と再会して、
入院中の友人の面会に行って、
会っておしゃべり、股関節仲間でお話盛り上がりました^^
険しい道、困難なこと色々とあるけど、ファイト~!!!
めいっぱい応援して、そして自分にも元気気合入れていくぞ!って!


[ 2009/09/08 20:35 ] 人工股関節検診 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

きょん(ときめき★)

  • Author:きょん(ときめき★)
  • 2006年から、リウマチとお付き合いしながら、
    マイペースで、楽しみも見つけて
    ゆっくり、スローな生活を送っています。

    リウマチを患ってから、
    人の痛みが・・・随分とわかるようになった。。。かな。

    にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
    にほんブログ村
月別アーカイブ
FC2カウンター
SINCE2006.10.23~
ブロとも申請フォーム